春日井で髪質改善なら結び。30代〜の髪質を向上するカラーコースの説明

ご観覧ありがとうございます。

シェアする美容室”結び”春日井 の平井雄基です。

今回はうちの推しメニューの1つ
30代〜の髪質向上カラーコースについての
説明ブログになります。

名前から分かるように
カラーをしながら髪質を向上していき
結果的に 結び のテーマである

圧倒的に扱いやすい髪

へ導くメニューになっております。

このブログでは

  • どんな原理かわかりやすく
  • 結果どうなるか
  • どんな方におすすめか

を説明していきますのでよろしくお願いします。

髪質の低下を感じるあなたへ
おすすめメニュー
髪質向上カラーで
毎日楽ちんなヘアへ!

どんなメニューなのか

早速解説いきましょう。

工程としては普通に
カラー→シャンプー→トリートメント

というシンプルな工程でやっていきますので
お客様にはいつものカラーメニューと
そこまで変わらない時間、感覚で
施術していきます。

ただそうなると
「そんなんで髪質変わるんかい!!」
って声が聞こえてきそうなので
もう少し工程を細かく説明させていただくと

1 髪を柔らかくしたりカラーを浸透させやすくする
トリートメント成分を先に塗布(状況に応じて)
→2 髪の中に浸透させ
留まりやすい成分を混ぜたカラーを塗布
→3 髪の中と外に効く栄養を順に塗布し
さらにカラーの残しちゃいけないものの除去

という工程をしております
(いきなり小難しくなりましたね。)

簡単に言うと

今まで
→最後の”トリートメント”ってところで
何個も何個も重ねづけ
今回
→いろんなタイミングで付けることで
効果的に浸透させるメカニズム

とこんな説明になります。

さらにこの散らばらせるのには理由があり
それが”カラーが染まるメカニズム”と関係があります。

カラーとトリートメントの相乗効果

そもそもカラーにしろパーマにしろ
髪に何かしろの変化をさせようと思うと
基本的にはアルカリ性のものを使います。
(じゃないのもありますがそれは割愛)

アルカリ性は髪でよく聞く
キューティクルという髪の1番表面の
バリアを開く力があります。

元々ダメージでできている隙間だけから
トリートメントを入れるよりも
さらに開いてあげて入れてあげたほうが
効率よく入っていくイメージです。

ただ!
今回のトリートメントはそれだけではありません。
使う栄養がアルカリ性のものと混ぜてあげると
反応してより髪の中に定着しやすくなるものを
使うことでより留まりやすくなる効果があります。

なのでカラーと同時に行うことで
より効果を発揮するわけになります。
(それを応用してストレートパーマや
矯正でも効果を発揮してくれます。)

あ、そしてついでに言うと
上記した3番の”余分なものの除去”は
このアルカリを除去するっていうのもあります。

アルカリで開いているので
除去して閉めるわけですね。

まとめ

小難しいお話が続きましたね。
結果的にいうと
カラーがトリートメントを入りやすくする手助けをし
カラーと合わさってパワーを発揮する栄養を使うことで
中に栄養を効率よく残して
髪質を向上しましょうよ

っていうメニューになります。

従来のものに含めて中に残りやすい
=毎回やっていくとどんどん栄養が残っていって
結果的に三回ほどやると
めちゃめちゃまとまりやすくなります。

もちろん一回目から髪質の変化は気づいてもらえますが
是非三回続けてやっていただくことをおすすめします。

そこからのケアについては

ダメージケアの大事な順番のまとめ

2020.01.19

こちらも参考にしてください!

他にも

推しのメニュー 結びの髪質改善について

2020.04.24

髪質改善は美容院によって異なります!それぞれの違いについて

2020.04.24

こんな記事もありますので参考にしてください。

 

ヒライユウキ
予約はこちらのリンクからできます!
絶対に後悔させませんので是非よろしくお願いします。