ブリーチした髪に縮毛矯正はかけられないのか?解説しました。

こんにちは。シェアする美容室”結び”春日井
平井雄基です。

今まで何人もの「癖っ毛」に悩まされた女性の髪を
きれいにしてきた僕が考案したメニュ

髪質改善ストレート

  • しっかり癖は伸びるけどピンピンじゃない
  • 持ちがいい
  • 手触りや艶が圧倒的に良くなる

そんなメニューになります!

是非1度後体験ください!

ご予約はこちらから

今回の記事は昨今の外国人風カラーの影響で一般の方にもだいぶ浸透したブリーチをした髪に縮毛矯正はかけられるのか?
という記事です。

まず回答からいうと”かけられます。”

ただもちろんどの髪にもかけられるわけではないです。

今回の記事ではどの程度の髪だったらかけられるのか?
の基準がお客様になるべくわかりやすいようにお伝えできたらと思いますので
是非参考にしてみてください。

ブリーチした髪に縮毛矯正はかけられる?!
どんな状態だったらかけられるのか解説


そもそもブリーチをするとなぜ縮毛矯正をかけられないと言われるのか?

基本的にサロンで1番ダメージする施術はなに?
と言われた時に前までは
ブリーチor縮毛矯正と言われてきました。

なのでダメージをしやすい施術にさらにダメージをする施術を重ねることで
髪が崩壊するリスクが高くなるから
難しいと言われてきました。

特にブリーチをしてから縮毛矯正という流れでは縮毛矯正の施術自体が髪の構造を変化させる施術なので
構造を綺麗に整えるつもりがダメージが施術中に進みすぎてしまって
形が崩れてびびり毛という髪が縮れた形状になってしまったり、断毛と言って毛がちぎれてしまうことがありました。

 

逆に縮毛矯正をした髪にブリーチは
過去でもそこそこ行われてるケースがありました。
これはブリーチ自体は髪の構造を変化させる施術ではないので(細かいこというと変化してるのですが、簡単な説明です。)先に書いたような髪の状態になるリスクが少なかったからです。


ブリーチした髪に縮毛矯正をかけられる状態とは?

先の流れで
ダメージした髪に縮毛矯正をかけるのが難しいから
ブリーチというハイダメージをした髪に縮毛矯正をかけることは難しかったというのはお分かりいただけたと思います。

ですが最近では

  • 様々な新しい薬によりブリーチも縮毛矯正もダメージを少なくできるようになった
  • snsの拡散で美容師さんの知識レベルが上がった
  • お客様にブリーチされる方が増えて施術する機会が増えて美容師のレベルが上がった

と、こんな流れの影響でブリーチも縮毛矯正も過去よりダメージを少なくかけられるようになりました。

さらに言えば少し繊細な状態な髪にも縮毛矯正をかけられる知識と技術が浸透してきています。


ですがもちろんかなりダメージをした髪に縮毛矯正をかけることは変わらず高いリスクを伴います。

なのでお客様にわかりやすいダメージのポイントを箇条書きしていくと

  • アイロンを使う機会は多いのか
  • 頻繁なカラー(1ヶ月に一回以上)をしているか
  • ブリーチを複数回しているか
  • ハイライトやグラデーションカラー、インナーカラーをしているか
  • パーマをしているか
  • ホームカラーをしているか そしてどれくらいしているか
  • 縮毛矯正やストレートパーマを過去にしているか
  • 髪はちぎれていないか

“お客様ではわかりにくいが大事なポイント”

  • 髪の量はスカスカではないか
  • ストリートメント、還元トリートメントなどのお薬のよるダメージはないか
  • 酸熱トリートメントによるダメージはないか
  • カラーリングによるダメージの加減はどれくらいか
  • 髪のエイジング(年齢による劣化)はどれくらいしているか
  • 元々の髪質による髪の体力

とこのようなことが大事になってきます。

これらは全部 髪のダメージに繋がること になります。
お客様でわかるポイント
さらにわかりにくいポイントの中でも
過去の美容室で「あ、美容師さん こんなこと言ってたかも…」と思うことは
施術前にお伝えしていただけるとより成功率や完成後のクオリティが上がりますので
把握していただけるといいと思います。


上記の箇条書きしたポイントで「やっている」または
「なっている」が多い髪の場合は縮毛矯正をかけるのが難しくなってきます。

逆に言えばブリーチはしているけど
回数は少なくて、アイロンなどもそこまでしていなくて
ケアも気をつけているというような方は
ブリーチはしていないけどチェックポイントが多い方よりも簡単に綺麗にすることができます。

 

簡単にまとめると
・ブリーチはダメージのきっかけの1つにしかない。
・ただブリーチはダメージを負いやすい。
・ブリーチしていなくてもダメージする事柄を多くしていると縮毛矯正をかけるのは難しい。

こんな感じになります。

※シェアする美容室”結び”では初めてサロンで縮毛矯正をかける方には細かくカウンセリング時にお伺いしますので
来店前にある程度把握した状態できていただけるとスムーズに施術に移行でき
時間の短縮につながります。
(把握してないことでカウンセリングで30〜40分かかることがあります)


気をつけて欲しいこと

ここまででブリーチしても縮毛矯正はかけられて
逆にかけられない髪はどんな髪かを理解することができたと思います。

ただしブリーチの回数が少なくても髪質によっては難しい場合もありますし
全員の美容師さんがブリーチの回数が少ない状態でもかけられるものではないです。
あくまでブリーチした髪に縮毛矯正をかける施術は特殊技術の1つくらいで把握した方がいいと思います。

大事なことは
できる限りの施術を信頼できる美容師さんにお任せする
そして
髪は一度ダメージしたら元に戻らない(回復しない)ということを把握する。

この2つになります。

“ケアの方法はこちらをご覧ください。”


どれだけ技術や知識がある美容師さんでも
髪をみただけではわからないこともあります。
なので今まで髪をどのようにしてきているかはかなり大事なポイントになります。
そしてそれがわかるのは
ずっと担当している美容師さんになります。

なのでコロコロ美容室を変えると
ダメージも多く負う可能性は上がるし
大事な施術で失敗をする可能性が上がります。

そしてもし今の美容師さんにブリーチした髪を縮毛矯正を任せるのが不安なのであれば
しっかりした美容師さんを探して
その美容師さんに出来る限り自分が覚えていることを伝えましょう。

自分の髪にやったことを把握することは
自分の髪を守るために大事なことになります。
そしてそれが難しいからこそ
長く美容師さんにお任せすることで
綺麗な髪は維持できます。

“長く美容師さんにお任せするメリットはこちらをご覧ください。”

 

施術例

シェアする美容室”結び”でもブリーチをされたお客様へ縮毛矯正を施術させていただくこともあります。

もちろん髪の状態によりますし仕上がりが完璧に出来上がる保証はできませんが
今の状態よりは扱いやすい髪になるように全力で努めさせていただきます。

こちらのお客様は上のbeforeでは濡れているのでハイライトがわかりにくいですが、少し細毛さんで全体的にハイライトが入っているようなお客様でした。

濡れるとより癖が強く出るお客様で乾くとなんとなく落ち着きが出るので
ハイライトも入れているのもあり、しばらく縮毛矯正をしていなかったところをこちらからオススメさせていただいて施術させていただきました。

全体に縮毛矯正をかけることで朝のスタイリングがかなり楽なスタイルになりました。

 

こちらのお客様も同じく全体にハイライトが入っていて1つ前のお客様よりも癖は弱いものの、濡れると癖が出てくるタイプの髪質なので
湿度があると収まりが悪くなったり膨らんだりするってことで
ストレートを施術させていただきました。

こちらのお客様はハイライトの時点から僕が施術させていただいていて
履歴もわかりやすいのでより綺麗に仕上がりました。

 

こちらのお客様は新規のお客様でした。
ブリーチやハイライトが入っていて所々ご自身のスタイリング時のアイロンの影響もあって所々切れていたりしました。

 

少し長さをカットさせていただいたのと
今回ショートボブということもあり”スタイリングがしやすくなる箇所までは綺麗にかけられる”ということと、過度にダメージしているところの仕上がりがうまくいかない可能性を理解していただいた上で施術させていただきました。

結果的に綺麗に仕上がって朝がかなり楽なスタイルに仕上がりました。
徐々に毛先を切りながら切れてしまっている毛先部分が綺麗になっていくといいかと思います。

 

このようにハイライトやブリーチをしている方でもある程度綺麗に仕上げることができます。

もちろんダメージしている箇所や全体の状態によって施術不可能なこともありますし、仕上がりを保証できないこともありますが
できる限り綺麗になる選択肢をご提案させていただいて施術いたします。

 


まとめ

お疲れ様でした。

まとめると

  • ブリーチした髪への縮毛矯正は可能だけど大事なのはダメージがどれくらいしているか
  • 自分の髪の履歴をしっかり把握することの大事さ
  • できる限り同じ美容師さんに任せることが綺麗な髪の維持に大事なポイント 

ということがわかっていただけたかと思います。

ただこの記事は安易に「ブリーチした髪に縮毛矯正はかけられるから安心して!」
という記事ではなく
「ブリーチした髪にも縮毛矯正はかけられるけどダメージさせないケアが大事ですよ!」というものだと理解していただけると幸いです。

ただシェアする美容室”結び”春日井では
圧倒的に扱いやすい髪 を提供するための技術向上に取り組んでいますので
是非お悩みの方は相談していただければ
解決できるよう努力いたしますので
ご連絡いただければと思います。

ヒライユウキ
予約はこちらのリンクからできます!
絶対に後悔させませんので是非よろしくお願いします。