メンズカットセミナーをお願いして特化すると面白さが倍増することに気づいた話

img_1863-1

こんばんは。久しぶりに連休をとったら台風に見舞われた平井雄基です。
お店行かなくてよかったわ。

 

先日 和や会っていう名古屋の集まりでよくしてもらってる

 

メンズサロン トレサンパの濱口さんに
メンズカットセミナーをしてもらいました。

今回はそのメンズカットセミナーをやってみて

  • 開催するまでの経緯
  • セミナーを自分たちでやる意味
  • 特化することの可能性
  • 実際のセミナーの内容

こんな感じのことを書いていきますので
よろしくお願いします。

 

理容師さんにセミナーをお願いしたらめっちゃ面白かった!
特化することで仕事はより面白くなる!

 

開催までの経緯と自分たちでやる意味

和や会では今まで基本飲み会しかやってきませんでした。

このセミナーをやった後日に集まって飲んだ日がありました。

そこでセミナーの話が上がって少し盛り上がって
和や会でもやろう。
って流れになり、
さらに僕が濱口さんがメンズ専門サロンをやっていたのを
知っていて、なおかつ
理容師さんのメンズカットはすごいって話も
聞いていたので

和や会でやる時は濱口さんのセミナーをやろう
って話になりました。

 

自分たちでやる意味

濱口さんは僕の1個上の方なんですが
1店舗の店長をしています。

そしてトレサンパってお店も面白くて
話に聞いたことをめっちゃまとめると
今までの理容師(美容師も含めてだけど)
の枠を超えていくようなお店作りを目指していて

そのポイントの1つにキャッシュポイント
ようはお金が発生するタイミングを増やそうと
いろいろ動かれているそうです。
(文字にするとがめつく見えますが全ては
自分たちの大切なお客様により良いライフスタイルを
提供するために です。)

その1つとして”講習活動”もキャッシュポイントになったら
めちゃくちゃ良くないですか?
ってことでその練習の場として
和や会で第1回目をやりましょうって話になりました。

自分たちでやることで
やる側は
馴染みの相手とやることで緊張の緩和になるし
受ける側としても
質問のしやすい環境や
セミナー独特の雰囲気もなく受けれるんじゃないか
というのと

何より。
同じセミナー代を払うなら
馴染みの人たちの中でぐるぐる回るのが
僕は1番win-winでいいやん?
って感じるところでもあります。

まとめると

  • お金が身内で回る
  • より良い状態で経験が積める
  • 自分たちのキャッシュポイントが増やせる

ってことが自分たちでセミナーをやるメリットかなと思います。

 

実際のセミナーの内容

今回の流れとしては

  • トレサンパの取り組み
  • メンズの集客について
  • メンズのカウンセリング
  • カットの特徴について
  • 2スタイルカット

で3時間半の流れでした。

img_1865

 

資料も制作していただきました

img_1869

 

カウンセリングシートも実際に見せてもらったり
(中身はモザイク。来てのお楽しみ笑)
しながらお勉強をして
img_1863-1

 

カット練習に入って行きました。

 

カットも
”流行りのショートレイヤースタイル”

”爽やかリクルートスタイル”の2スタイルを切りました。

どちらのスタイルもあくまで
シンプルな手順で理論的 
なイメージの行程でした。

なのでコツが掴みやすくわかりやすかったです。

僕個人もカット自体好きなので
メンズカットも試行錯誤していろいろやっていたのですが
今回のセミナーで感じたことは
シンプルな手順でやることでカットの再現性のムラ
ようは その日の調子 に左右されることなく
なおかつクオリティーが高くできるので
とても学びになりました。

簡単だったのにカットの効き目?
がすごい感じれたんだもん・・・
今までに俺のこだわりって・・・

 

特化について語っていただきました

理容師さんってことでおのずと
メンズに特化しているサロン
になるわけなんですが
ほとんどの床屋さんとかは
それが当たり前なだけに
売りにもしてないところがほとんどだと思います。

しかしトレサンパはただ”メンズ”ってくくりなだけでなく
さらに細かく狙う層を定めて
そこによりアプローチをかけていました。

なんか僕だけかもしれませんが
特化=やることが少なくなる
ってイメージがありました。

ですが今回講習を受けたことで
特化することでよりやることを生み出している
イメージでした。

  • フェイシャル
  • パーソナルトレーニング
  • 服等のコーディネート

など今まで床屋さんが全くやらなかったことを
特化することでお客様の枠は減らすけど
先に挙げたキャッシュポイントを増やす。

しかも特化することでそれは必要枠な訳で・・・
と特化についてもかなり勉強になりました。

”会社規模で特化して攻める”って珍しくないですか?
美容院でも個人レベルで特化してる人はいても
お店規模で特化して
なおかつ広げてるところって少ないんじゃないのかな?
(まぁ美容院自体が売るもんとか増えてるのが
スタンダードだから余計そう感じるだけかもしれませんが・・・
お客様からすればドライヤー等売ってるのもビックリみたいだし)

 

しかも特化することで今回のように
講習にも至ったわけで本当いろんな可能性が
見えてくるな〜と感じて
その面もとても勉強になりました。

ようは

フリーランス美容師の2種類の働き方の講習をしました

2018.08.29

 

こちらにも書きましたが
自分がどうゆう形でやっていきたいか
ですよね。

それをお店として明確に打ち出し
それが各スタッフに落とし込んでいて
(濱口さんも雇われの店長さんで経営者が別にいます)
社長さんの手腕もすごいな〜なんて感心しました。

組織としてあるべき形の1つですよね。
もちろん働いてみないとわからない面もあるとは思いますが。
(でも濱口さんももう1人のスタッフさんの子も
社長さんにリスペクトがありそうだったので
表面的な方針やお客様を通してスタッフも
幸せになる動線まで見せてるのもすごいと感じました)

 

まとめ

とそんなわけでただメンズカットについて学べた
だけでなく
フリーランスの特化についても学びになったりと
いろいろ楽しい講習会になりました。

何より去年からやろうとしていた形が
ほんととりあえずですが1つ形にできてよかった。

ほんと講習としてよかったので
ぜひ周りにも聞いて欲しいので
次回も開催予定です。
今回参加できなかった方
ブログ読んで気になったそこのあなた。

ぜひ連絡ください!!
そして
「私も講習したいぞ!」
なんて方もいたらぜひ声かけてください。

そしてそして
そんなことが
周りに教えて欲しいと言ってもらえるよに
自分も発信を頑張ろうと改めて思いました。

 

最後にお詫び

今回講習をなるべく早く形にしたかったため
いろんな方に予定確認の連絡を入れて
予定を困惑させてしまったことをこの場で
謝らせてください。

また日程の決め方に関しては
改善が必要でした。

また懲りずに参加してくれると幸いです。
よろしくお願いします。

img_1863-1