【扱いやすい髪型 ショートヘア】クセっ毛さんは思い切ってショートヘアがオススメ!

img_0776

こんばんは。春日井市でフリーランス美容師をしてます平井雄基です。

扱いやすい髪型シリーズ 今回は特に癖っ毛さんにオススメなショートヘアの紹介です。

他の扱いやすい髪型シリーズ
【kaaren posted=”3851,3824”】

癖がある人こそショートヘア!オススメの理由

まずは例となるスタイルを紹介

まず今回のスタイルが造像しやすいように例を紹介です。

img_9499このようなくせのある方は
img_9762-1

こんな感じのショートヘアにしてみたり

もう少しくせが強い方も
img_9767

こんなショートヘアだったり

img_9897 img_9898

このように結構ハードなくせであっても

img_9912img_9913

カットとスタイリングでこのように生かしたスタイルへと変化できます。

それでは順を追って説明をしていきます。

まずは

オススメできる人

まずはこちらから。
もちろん全クセ毛の人にショートヘアがオススメできるわけではないです。

オススメできる人の条件としては

  • 夜乾かすのが面倒な人
  • 朝にスタイリングできる時間を確保できる人
  • ある程度マメに美容院へ来れる方

です。

それぞれ説明していきます。

夜乾かすのが面倒な人

クセがある人ってうねり理をなるべく抑えるためなるべく長め。
そして重さがあった方が落ち着くため重ためにしてる方が比較的に多い(むしろ長めが好きなクセ毛の方はこうしておくのがオススメ)ため夜に乾かす時間がとにかくかかります。

なのでショートヘアにすると乾かすのが早くなるのはわかりますね。

それだけではありません。
ボブはクセを”抑える”スタイルが多いので重めがベターなのですが
ショートヘアの場合軽めにして動かしてクセを”生かす”スタイルにするので、例に挙げたようなショートヘアはボブなどに比べても部分部分をかなり梳くことができます。

そうすることで夜乾かす時間が檄的に減ります。

ただそこには一つ問題があります。

朝スタイリングができる人

何せここにつきます。

夜どんだけ乾かしても短いスタイルは寝癖がつきます。
こればかりはどうしてもできてしまいます。

なので朝にスタイリングをして整える時間はマストになってしまいます。

流れとしては
寝癖の具合を見て部分的or全体を濡らす→乾かす→バーム系のスタイリング剤をつける

で完成です。
おそらく10分あれば完成します。
なので常に朝、髪に時間を使える方の方が好ましくなります。

ってよりも個人的美容師の提案としては、レクチャーしますのでショートにして朝スタイリングする習慣をつけていただくと他のヘアスタイルにしてもトライしやすくなるので
ショートにしてその”スタイリングする癖”を身につけること自体がオススメだと思っています。

マメに美容院へ来れる人

これはショートヘアの宿命です。
1ヶ月半〜2ヶ月の間くらいで美容院へ来れる方の方が好ましいです。

どうしてもショートヘアはシルエットが命なのでこちらサイドが1番収まって美しく見えるところで切っても
その部分がのにてきてしまうとバランスが崩れてしまいスタイリングがしにくくなってしまいます。

なのでできるだけマメにこれる方の方がオススメです。

スタイリングについて

悩まれる部分はこれですよね。
スタイリング。

ショートヘアの肝はOLYMPUS DIGITAL CAMERA

企画でメンバーの岡ちゃんが書いてくれたこちらの上部にも書いてあるんですがトップの立ち上がりにあります。

(企画についてはこちら

これはクセのない方もそうなんですが、特にくせ毛の方は
横に膨らんでスタイルにメリハリがなくなるのと
スタイル自体が横広がりなイメージのスタイルになってしまいます。

てっぺんの1部を高くしてあげることで縦の幅を出してひし形に近づけてあるとこれだけでオシャレ度が5割くらい増します。

いやほんとこれはやる、やらないでかなりスタイルの見栄えが変わります。

ハチが張っている人にオススメの前髪はこれ!頭の形によっても似合う前髪は変わる。

2016.11.08

こちらの記事にも書きましたがトップの高さはどのスタイルでも重要になりますのでお時間があれば是非目を通してみてください。

なのでまずはトップの高さを出すと同時にハチと言われるその横の部分は抑えて、
さらに膨らむ方はトップの部分以外はペタッと乾かしてあげます。

ここである程度形ができたらあとはバーム状の馴染ませやすいワックスを全体的にぐわ〜〜〜〜っと塗布して、形を整えて
似合わせによって変わりますが、片方を耳にかけたら大体の人が様になるのでかけて完成です。

なのでドライヤーのかけかたさえマスターすれば簡単に決まります。
もちろんそこにカールアイロンも使えればより◎ですが、それはおいおいレベルを上げていけばいいと思います。

img_9912

こちらのスタイルもその乾かしかたとスタイリングで簡単に仕上げています。
癖はメリハリさえつけてしまえば動きは勝手に出るのでオシャレに見えます。

逆に直毛の人はメリハリはカットでつけれますが動きが出しにくいのでカールアイロンで巻きます。

そう考えると普段ドライヤーを使って慣れてる分簡単にスタイルが決まりそうだとは思いませんか?

あとは人によってや好みのスタイルによって部分的に縮毛矯正をかけても良いでしょう。
よりスタイリングの手助けをしてくれると思います。

まとめ

どうだったでしょうか?

どうしても考え方的にやりたい髪型を重視ってよりはお客様の髪質で決まりやすい髪型を重視という考え方なので賛否両論だとは思うのですが、途中でも書いた通り
ショートヘアを通じてスタイリングするクセをつけ、他のスタイルにしてもオシャレに決めれるようになっていけたら、その先も髪型を楽しめるんではないかと思っていてショートを提案しています。

ぜひくせっ毛の方は勇気があればばさっとショートヘアにしてみてはいかがでしょうか?
スタイリングまでの流れも丁寧にレクチャーしますので、ぜひご連絡ください。

img_0776