【ショートヘア】1年伸ばした髪を大人ボブへ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんばんは。ショートヘアスランプから抜け出しつつある平井雄基です。
なんで急に訪れたりするんですかね?
まぁ成長の証と捉えておきます。

1年伸ばした髪をバッサリと!

1年前はこちら

逃げ恥が1年前なのがもはや衝撃ですね。
時の早さが早すぎて嫌になります。

ってことでビフォー

 

襟足が長めなのでミディアムレイヤーみたいな形で伸びました。
しかもこの赤みを入れた後「アッシュにしたいんだよね。明るめの」と言われて
赤みを消しながらアッシュをしてたのでかなり明るい状態に。

こんな感じで赤みを消しながら明るくしてましたね。
簡単に説明すりなれば
濃いマットで赤み消し→アプリエでトーンアップしながら赤み消し→アッシュ系カラー。
の流れでした。

もともと赤みが強い髪でもあるので工程が結構かかりました。
明るさが入らない場合はひたすら濃いマットでOKです。(マットが一番赤みを削ってくれる色です。)

そんなわけで今回のテーマ。

大人っぽいボブ

26歳になりさらに最近のトレンド(もう長いことそうか)大人っぽさ。
かなり短いショートも似合うのですが、最近の服装などを見てるとちょいミスマッチかなと。
もう長い付き合いだし、公私ともに仲良くしてもらっているからこそ

”短すぎるボブは今じゃない”

といことでアフター!!!

 

襟足は10〜15センチほどカット。
前は5センチほどですがだいぶスッキリしました。
カラーはアディクシーグレイパール5 3%ワンタッチでまさにグレージュな感じに。

このグレージュって色はやはり最近の薬の進化によって出る色なんだな〜と実感しました。

アディクシーきれいやの。今更

春日井に移ったら新しいカラー剤も使えるようになるので楽しみです。

スタイルのポイント

やはりショートやボブってそのままでも可愛いんですけど、アイロンの熱を加えたスタイリんが簡単にできるんですね。

その中でも個人的には 家でできる1歩先のスタイリング ってのを心がけています。
ってかチャレンジしてほしいななんて思ってます。

普段ドライをブワ〜ってやる人は簡単なドライで決まるスタイルを。
巻かない人は簡単に巻いて仕上がるように。
ワンカールくらいできる人にはその先を。

ってことで今回は波巻きをチョイス!
これ、難しそうに見えて簡単なんです。
最初全部ワンカールつけたら、そのカールの上からところどころアイロンのはさむ方を逆にしてはさむだけで出来上がります。

名付けて簡単小慣れヘアー。(そのまま)

長さを残したことによってこなれ感も出しやすくなっています。

 

まとめ

今回の大人ボブは

  • カラーで大人
  • 少し長めで大人
  • こなれ感で大人

の3大人がポイントでした。

ただバッサリ切るのにも色々あると思うのでライフスタイルに合わせてスタイルを作っていきましょう!
春日井でバッサリならおまかせくださ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA