朝の時短にショートヘアが向いている理由について

こんばんは。平井雄基です。

今回はタイトルどおりショートがなぜ時短につながるかのブログになります。

  • オシャレにしたいけど朝時間かけれない
  • ショートって朝大変なイメージがある。

なんて方の不安などを取り除けたらと思います。

時短×オシャレ=ショート!

僕がショートヘアをお勧めする理由

まずはじめにショートっていうと皆さん

こんな感じで結構短いスタイルを想像される方が多いですが

当ブログではこれらもショートということでおはなしを進めていきます。
もちろん髪質によってどこまで斬りこめば楽になるかは違うのですが

一概にショート=めちゃくちゃ短い

という考えは少し置いておきましょう。
ショートボブもショートです。笑

朝のスタイリングについて

まずはじめにあくまで今回オススメの理由として

時短×オシャレ=ショート  です。

ぶっちゃけ
お外にでかけられる最低限のスタイリング
この速さは当たり前ですが

前髪がない人が結んで終わり

が最速です。

ですが「それってオシャレですか?」ってところです。
もちろんささっとアレンジしながら
結んででかけられる方はオシャレです!

ただ僕の担当させていただいてるお客様で圧倒的に多いのが

ヘアアレンジができない

という声です。
ならばスタイリングでオシャレに決まるようにしましょうってことで
僕はショートをお勧めしています。

ショートヘアはカットが大事です。

これは多分耳にしたこともあるだろうし
当たり前のような言葉なんですが今一度噛み砕きましょう。

ショートはカットが大事な理由としては

カットの時点で骨格にあうように

  • ふくらんで邪魔なところはきっちりカットでとる。
  • 膨らませたいところを膨らむようにカットする。
  • 毛先の先細り感がおしゃれなのでそれもカットでだす。

などカットで構成されるポイントが多いからになります
ミディアムより長めのスタイルってどんだけカット頑張って切っても
巻いたり本気のブローをしないと
お客様からしたらほぼみんな変わらない見た目になりがちだと思います。

ですがショートって髪型自体で随分と印象が変わりますよね?
なのでカットが大事なのです。
(ほかの観点もありますが
そこらへんは美容師自身のこだわりなので今回は割愛)

カットでヘアスタイルがほぼ完成しているということは朝にやることは
形を整えてあげるのみで大丈夫なことになります。

確かに朝の寝癖がつくこともあります。ですがだいたいが

夜しっかり乾かす。

これを守っていただければ解決します。
それでもダメそうならばポイントメニューをお勧めします。

これらの理由から
朝、時短でおしゃれに決まるヘアスタイル=ショートヘア
なのかな?と僕は思っています。

まとめ

少し厳しい言い方をすれば
朝なにもせずおしゃれ
なんてのはありえないのです。

あなたのしってるおしゃれだと思う方は朝なにかしら絶対してます。
後はそれをどんだけ楽で、簡単なスタイルにするかだと思います。

それに近づけるための手段として
僕はショートヘアがおススメだと思っているし
そのようなスタイルを提供させていただきます。

是非こちら参考になればと思います。