縮毛矯正は痛む??ダメージと矯正の関係について

こんばんは。平井雄基です。

くせ毛の方とのお話でよくあるのが
ストパーや矯正をかけるのと毎日のアイロン。
どっちが痛みますか?
って質問です。

今回はその疑問についてまとめたので書いていきます。

縮毛矯正をかけるか毎日アイロンをするか迷う??以外と知らないくせ毛のダメージの原因について

まずはどちらがいいのか答えから

結果として先に言うと
毎日ストレートアイロンで癖を伸ばすのなら
縮毛矯正をかけてしまった方が
ダメージも少ないし毎日楽だし形はきれいなままを
保てるのでいいことづくめです。

強いてデメリットを言うなら

  • 時間がかかる
  • お金がかかる
  • ハイダメージ毛ほどかけるのにリスクがある
  • デザインの幅が減る

って感じです。
上記2つはわかるとして下2つについて書いていきます。

ハイダメージ毛には矯正が難しい

もともとハイダメージをしてる毛には
矯正の薬を塗ると異常な反応をしてしまい
よりダメージした毛になることがあります。
元のコンディションが悪いほど
より矯正がうまい人に任せないと大変なことになります。

強い癖を伸ばせる人=矯正がうまい人ってイメージよりも
コンディションを見極めて
しっかり矯正をかけらる人がうまい人だと思います。

デザインの幅について

逆も然りで矯正をかけた髪にハイダメージするメニュー
(だいたい多いのがブリーチのメニュー)
をするのもリスクが高まります。
最悪の場合矯正が取れてしまうを通り越して
チリチリな髪になるのでブリーチをやる場合も要相談です。

そして他には、やはりまっすぐな毛になるので
癖を生かしたヘアスタイルにするまでには
矯正をかけた毛がカットしてなくなるまで我慢が必要です。
ある程度切っていったところでパーマをかけるのもアリですが
やはりダメージ面が気になるのが正直なところ。

他にも縮毛矯正をかけてエアリーなパーマも
かけることが難しくなるのでそおゆう意味では
デザインの幅が減るのでオススメできないです。

くせ毛とダメージの関係

そして本題へ。

くせ毛さんはもともとダメージをしやすい毛の方が多いです。
さらに毎日のアイロンをしたり
そのアイロンをしやすくするためや
広がりを抑えるために梳いたりします。

こちらの関連記事に梳きとダメージについては
詳しくまとめてありますが梳きすぎはダメージの元です。
なので
広がる→アイロンする→やりやすくするためにすく→痛む→広がる

これで痛んでる方が結構多いです。
特に癖がある方は乾燥によるダメージが多いので
梳くことでより乾燥しやすい毛になり
より痛みが加速するのも原因の1つです。

縮毛矯正をかける効果

矯正をかけると

  • 毎日のアイロンによるダメージの回避
  • 梳かなくて手数ので綺麗な形を維持
  • 毛1本1本がまっすぐになることで触った時の量の減少

の3つがあることでダメージの原因を一気に減らせます。
特に3個目は皆さん以外と気づいていなくて
くせ毛の方は総じて量が多いと感じていますが
実は1本1本が癖でうねって もわっ とした手触りのせいで
量が多く感じるだけのパターンが多く
まっすぐにすると量はそうでもない方もいます。

梳いても梳いても2週間後には量増えることないですか?
それはだいたい癖で多く感じる方にありがちなパターンです。

ただしデメリットであげた通りデザインの幅が減ります。

矯正をかけるのにオススメの人のタイプ

なので基本的に毎日アイロンで癖を抑えようとしてる人や
アイロンがめんどくさいけど抑えたい人。
ストレートデザインも好きで日によって
コテで変化を加えられる人にはかなりオススメです。

一見幅少なくない?
なんて思われますが癖がある方の大半の方は
この悩みがあると思うのでオススメできる方は多いと思います。

え?昔のピンピンのイメージがあってかけるのに抵抗がある?

今はピンピンにならずかけられますよ!
しかも低ダメージでかけられます!
少々お時間はいただきますが
そんな悩みがある方には喜んで頂ける仕上がりになると思いますので
ぜひご相談くださいね!