巻く人のオススメのカット。ウルフスタイルのメリット、デメリットをまとめてみた。

img_1753

こんばんは。レイヤーつけるの好きです。平井雄基です。

 

美容院へ行った時に

「レイヤー(または段)はまとまり悪くなるよ」

なんて言われたことある人って多いんじゃないでしょうか?
ミディアムヘアから長いヘアスタイルをしてる人は特に。

あともう1つ。
個人名であれですが
「木下優樹菜みたいな髪型にしたい」
とオーダーして
「やめといた方がいい」
と止められた方も多いんじゃないでしょうか。

今日はそんなあなたに美容師がなんで上記のヘアスタイルを
止めるのかを書いていきたいと思います。

 

人を選ぶヘアスタイル。ミディアムウルフについてまとめました

 

まずは段とレイヤーとウルフについて

まずは用語の説明ですね。

段とレイヤーは同じ意味です。
段=レイヤー です。
そしてこれらは切り方の種類です。
そしてウルフ。
ウルフはヘアスタイルの名前です。

ではなぜこの2つ
特にレイヤーとウルフは同じタイミングでよく聞くのか。

それはウルフ自体がレイヤーという切り方を駆使して
完成するからです。

レイヤーっていう大きなくくりの中に
ウルフっていうヘアスタイルがあるってことですね。

ちなみに他のレイヤーのくくりのスタイルは
レイヤーボブはストレートですが
ショートボブなどもレイヤーを駆使して作るヘアスタイルです。
ここれへんは細かいのであまり気にしなくていいです。

ところでなんで ”段ウルフ”とは言わないかって?

ダサいからだよ。

レイヤーの詳しいことはこちらへ

【巻きやすい髪型】カット1つで簡単に可愛くなる魔法の髪型

2018.05.11

ウルフヘアについて

今回のウルフヘアは昔流行ったショートのウルフではなく
上記にした木下優樹菜の一時期のヘアスタイルのような
ミディアム以上の長さのスタイルのことを指します。

img_1753

img_1750このようなスタイルですね。

このウルフヘア。
実は最近のよく見るヘアスタイルの中で
1番レイヤーが入ってるスタイルなんです。

実は巻く人はがっつり段が入ってると
動かしやすいんです。

ウルフヘアのデメリットから

論より証拠。
最大のデメリットはこちら

img_1761img_1766-1

わかりますか?

巻かないとダサい

これが最大のデメリットです。

今回のウルフはあえてかなり差をつけた
(人形さんなのでそう見えるのもあるけど)
から余計変に見えますが、何もしないと形が悪いです。

なおかつレイヤーがかなり入ったスタイルなので
毛先があっちこっちに行きやすいのでまとまりも悪いです。
(プラス量もかなりとっているのも理由ですね)

この写真も軽くブローしてこれなので
お客様が起きたてとかだと
おそらく毛先があっちこっち行ってしまいます。

 

メリットはこちら

先のスタイリングが施された

img_1753

 

こちらのスタイル。

かなりふわふわしてるし、ラフでいい感じの動きが出てませんか?

レイヤーつけたい人ってラフさや動きが欲しい人が多いと思います。

このスタイル。コテで毛先をワンカールのみで仕上がります。
ようは小難しいミックス巻きとかたて巻きとかが必要ないんです。

巻きをつける回数や場所は多いですがアイロンの動きはツーパターン。

”ウルフの毛先。内巻きするか外巻きするか”映画のタイトル風

しかも外巻きも顔まわりと襟足の長い部分だけ。
他は全部内巻きでOK。

そこにワックスやオイル系を揉み込めば完成します。

 

なので
「コテは使えるけど難しいことはできない」なんて方や
「巻けるけどヘアスタイルがマンネリしている」
って人にはオススメです。

 

先にも書いた通り今回のウルフはかなり大胆に差をつけたスタイルですので
もう少し差を埋めていけば
動きやすさとまとまりの重きの比重をコントロールもできるので
まずはソフトなウルフからスタートするのもおすすめです。

向かない人

向かない人もまとめておきます。

  • 普段ほとんど巻かない
  • 結ぶ時に顔まわりに毛が落ちてきてほしくない
  • かなりのくせ毛

の3つに当てはまる人はあまりお勧めしません。

普段巻かない人

まとまりません。

以上。

結ぶ時に毛が落ちてくる

顔まわりにも段が入っていて短い毛が
たくさんあるので
その段の部分がくくる時にゴムに収まりません。

しかし逆に後れ毛がたくさん欲しい人は逆に
やりやすいのでお勧めです。

くせ毛が強い人

ウルフスタイルは上記しましたが
簡単な巻きでラフな動きを出す髪型です。

癖がある方は段をつけなくても
癖の動きがあるのでどちらかというと
”収めるカット”が必要なはずです。

くせ毛の方で巻く方はウルフまでつけず
ポイントで段をつけるくらいにしておくことを
お勧めします。
おそらく巻いても収まりにくくなります。

まとめ

最近はネット等でまとまりが重視されている時代なので
レイヤー=悪
ってイメージが付いていますが

  • 常に巻く人
  • 伸ばしてない人

にはデメリットがそこまでないのでオススメです。

ちなみにアイロンも26mmがオススメです。
もちろんカットした後にスタイリングのコツもお伝えするので
ぜひチャレンジしたい方はご予約の際
お伝えください。

他のスタイルに比べると
このスタイルと相性のいい髪質が
少し狭いですが
その分今までとはかなり違いを出せるので
おしゃれさんにはかなりお勧めのスタイルです。

 

最後にもう1度レイヤーについては↓

【巻きやすい髪型】カット1つで簡単に可愛くなる魔法の髪型

2018.05.11
img_1753