【アユタヤの周り方】アユタヤで自転車は厳しい?移動手段のおすすめ。

img_1351

ご観覧ありがとうございます。平井雄基です。

先日行った4泊5日 4人で行く個人旅行(ツアーとかではない旅行)
タイ旅行へ行きました。

世界遺産のあるアユタヤにも行き、事前には個人旅行のためいろいろ調べて向かいました。

その中で実際行ってみて「え、調べたこととちょっと違う」なんてことがあったので
それを今回ブログにまとめてみました。

あくまで 4人でタイへ行った ということをお忘れなく見ていただけると参考になると思うので
よろしくお願いします。

 

アユタヤで自転車は自殺行為?行ってみて感じたアユタヤのおすすめの移動手段

まず軽くアユタヤの紹介

アユタヤ=タイの世界遺産 ってイメージがあるとは思うんのですが、実はアユタヤは
日本でいう 市とか町 ってイメージで結構な広さの範囲があり、
その中に世界遺産に登録されている寺院が何個かある形になっています。

タイの人に聞くとアユタヤはバンコクに比べても暑いらしく
向こうの人からすると「そんな暑いところよく行ったね」なんて場所らしいです。

そんな中を移動しながら何個もある仏像や寺院を散策するのがアユタヤ観光なんですが
移動手段にもいろいろあります。

 

自分が調べたアユタヤの移動手段について

移動手段について調べてみると自分の中では3つ発見して

  • 自転車をレンタルして散策
  • トゥクトゥクに乗って散策
  • バイクをレンタルして散策

の3つがありました。

結構多くのサイトにオススメされていたのは自転車。

広さはあるが大体の距離感的に5〜10分 遠くても15分以内に目的地に着くので
現地の空気感もしれてオススメ!みたいなことが書いてあり、
僕たちも現地に行くまではこれで移動するつもりでした。

そんな中1つだけ引っかかることがあって、
1つのサイトだけバイクで周ったことが書いてあるブログを発見して
「自転車で周るとかありえない」みたい記事があり
「本当に自転車で良いのか?」という疑問がある中アユタヤに上陸しました。

結果的に使った移動手段

流れで分かると思うのですが結果的には2番目のトゥクトゥクを使いました。

なぜか。

長距離バスを降りた瞬間から熱烈な勧誘を受けたから他ありません。

降りた瞬間待ってましたと言わんばかりにおじさんがアユタヤの説明をし始め、
「アユタヤは遺跡たくさんあるよ〜」「アユタヤは広いよ〜」
「トゥクトゥク楽だよ〜」って言ってきました。

いくらか聞くと「一人400バーツ」と言われました。
ちなみに自転車は一人50バーツだと調べてきました。

乗るわけねぇ。

そんなわけで断り続けた結果一人100バーツまで下がりました。

100なら自転車より少し高いだけだしいいでしょってことで乗ることを決めました。
(ちなみにその交渉時間20分。粘りましょう)

いざ乗ってみた感想は

自転車とかアホか。でした。

結構それぞれに距離があるし何より暑い。
さらにそれなりの個数の遺跡や仏像を見る予定だったので自転車なんかで移動していたら
おそらく半分周っていたかどうかでしたね。

これは100だったら全然良いでしょう。何せ300円だしね。

 

乗ってみた感想

これは完全いよかったですね。
乗ったのが吉と出ました。

自分たちが見たかったものは全部周ってくれたし、乗って遺産を各所見ただけでもバテたのに
自転車も漕ぐことも考えるとため息が出ます。

バンコクとかで乗るとタクシーなどに比べても高いし、
ここで体験としても乗っておくといいかなと思います。

 

デメリットも紹介

デメリットも、もちろんありました。

それは各場所でいろんな勧誘を受けます。

アユタヤでは象に乗ることができるのですが、そこで勧誘受けます。

まずトゥクトゥク乗り始めに「象のる?」って聞かれます(おそらく始まりの場所が象乗り場から近いから)

実際行くといろんな情報のものより高い値段をふっかけられます。
最終的に象には乗ったのですが、その値段も情報よりは高めの値段で乗りました。

img_1321

理由は、僕たちはホテルを出発した時間も遅く
周り終わる頃にはバンコクに戻るバスの最終時刻を迎えるということもあり
運転手の提案で乗らないと、この旅行では象に乗ることができなかったからです。

もし時間に余裕がある方は周り終わった後に自分の足で向かい乗ったほうが安く済むかもしれません。

ただ象は乗ってよかったです。
なかなかできない経験ですので、お金に余裕があれば乗りましょう。

 

その流れがあったのでご飯もぼったくられるなと思い「お腹すいた?」の質問をひたすら
「減ってない」と返して食べずにバンコクに帰りました笑

この辺りは行ってみないとわかりませんが注意は必要だと思います。

 

まとめ

いかがでしたか?

とにかく自転車はなかなかチャレンジャーだと思いました・・・

もし交渉の末トゥクトゥクが安くなるようでしたら是非活用しましょう。

バイクも良さそうですが何せ国際免許の壁がありますね。
運転自体はバンコクと違い交通量少なめなので安心だと思います。

 

もし自転車に乗ったとして
漕ぐだけで消耗して色々な遺産が見れなくなるのはなんとも惜しいと思います。
是非行く前はアユタヤの歴史も多少頭に入れて見に行くと楽しめると思うので
是非ググってから行ってください。
歴史的ロマンを感じられると思いますよ。

img_1351
img_1351