タイ.バンコクでの移動手段はタクシーがお得?!個人旅行で複数人でタイへ行った経験まとめ

img_1527-1

観覧ありがとうございます。平井雄基です。

 

先日行った4泊5日 4人で行く個人旅行(ツアーとかではない旅行)
タイ バンコク旅行へ行きました。

個人旅行の為万全を期す為にいろいろ調べて行きましたが、こと移動手段に関しては
BTSやWTSなどの電車が良い

とほとんどの記事に書いてありましたが、4人で行ったからということもあって
タクシーがお得で大活躍した為それについてまとめました。

タイへ複数人で行ったのならタクシーを使え!使う際の注意などまとめ

日本と違いタクシーが安い

日本人にとってタクシーってどこかに 値段が高い とか 贅沢 ってイメージありませんか?

飲み会の帰りとかにまだ電車があるにもかかわらずタクシーで帰る人とか見ると
「VIPやな〜〜」なんて感じるシーンってあると思います。

が、しかし。日本のタクシーって他国と比べても結構高いんですよね。(その分他国の人からの評価は高いみたい)
特にタイと比べると高く感じます。

 

なんとタイの初乗りは32バーツです!

円で計算しますと 32×3=96円です。

96円ですよ?本気出せばすぐ拾えるんじゃないかって値段です。

しかもメーターの上がり方も日本とさほど変わりません。

これを4人で行った為たとえ100バーツかかったとしても

300÷4=75円しかかかりません。

もうこの時点で 「え?逆になんで乗らないの?」ってなるくらいの値段ですね。

ただタイには前途の通り電車があり、これも便利で値段もお安いです。
5、6駅先とかでも44バーツ(132円)とかで行けてしまいます。

なので毎回移動する時に計算してみたのですが、場所やタクシーの違いなど細かいことはあるにしても
だいたい3人以上で乗れば損はしない計算でした。

なので2人旅の時などはおとなしく電車乗ったほうがお得そうですね。

 

タクシーに乗る際気をつけること

ここからは実際乗ってみて起きた事件や経験から気をつけたほうが良いことをまとめました。

これであなたもタクシーマスターになれます。

値段交渉はしない

これ。僕はアホなので最初の方クセで何回かやって、メンバーに冷ややかな目で見られたのですが
他の方のブログにも目を通せばわかるんですが値段交渉するとぼったくられます。

間違っても 「How much」 なんて調子のって言わずに 「メーターOK?」で通じますのでこれを乗る前に聞きましょう。

乗る前にチェックして最初からメーターがないようなタクシーはやめましょう。

夜の繁華街だと断るタクシーも出現しますので注意が必要です。

 

細かいお金を準備する

細かいお金がないと「おつりないよ」って言われます。
けど決してマケてはくれずこちらが多めに払う羽目になります。

正直ただでさえ安いのでいいっちゃいいのですが、意識しておいて損はないはずです。

 

行き先をしっかり伝える手段を準備する。

これに関しては英語をしっかり喋れなかったのも理由にありますが
アユタヤに行く際カオサンロードから
モーチット駅から歩くと20分ほどかかるバスターミナルまで行くことがありました。

ブログを参考にするとモーチット駅からタクシーに乗ってバスターミナルまで行くという手順だったため
それならカオサンロードからタクシー捕まえて向かったほうが電車代こみでも安いってことで
タクシーで向かいました。

最初バスターミナルのことを中々理解してくれないので、あの手この手で伝えて
「あ、あのバス停ね なんちゃら〜・・・」のなんちゃらがバス停の名前だったので
YES YES とか言って向かい始めました。

最初はマップで確認していて道もあっていて安心して乗っていたら最後の2択の道を逆の方へ行きました。
「え、いや向こうだよ!」みたいな説明をしても聞き入れず
結果モーチット駅でなぜか止まりました。

「マップで見て!これ駅じゃん!」って拙い英語で伝えたら
「バス停ヘはタクシーで行けないからここから歩け」
って言われて
「10分くらいで行ける?」って聞いたら頷くので降りて歩いてみると
結果20分ほどかかりました。

しかもバス停へはガンガンタクシーが来ていました。

結果的にバス停まで行き方を知らないんだか、場所をわかってなかったのか
嫌がらせなのかわかりませんが損しました。

なのでしっかり場所を伝え、道や下り場所が間違ってたらその場で折れず「案内するから運転して」
というべきだと思います。

あとは正直なるだけおじいちゃんドライバーはやめましょう。
まじマップもろくに見れません。

夕方からの時間は乗るな!

これは特に繁華街へ向かう時や繁華街から乗る時なんですが
とにかく混みます。

予定の時間と狂ってしまう恐れがあるので17時〜19時すぎまでは乗らないのが無難だと思います。
夜にもなるとまたすいてきますので、その時間からは乗ってもOKです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

タイは暑い国なので歩くだけでも汗が滴ります。

もちろん電車も便利ですが、目的地まで連れてってくれるタクシーはかなり魅力的です。

カップル旅行などでは損することもあるかもしれませんが、友人との複数人での旅行の場合は
活用できそうですね。

是非うまく使って優雅なタイ旅行にしましょう。

img_1527-1