アプリエで実践!タンパク変性した髪を明るめのアッシュに!

img_6002

こんばんは。本を読む耐久度を私にください。平井雄基です。

 

 

高校生卒業!始めてのカラー。バージンヘアをアディクシーで染めてみた。

ここからはや約3ヶ月。
前回はアディクシー9レベルオキシ2倍で染めましたがあまりリフトせず(アディクシー使い慣れてないとほんと難しい・・・)だいたい8〜9レベルからのスタート。

今回は妹の周りがだいぶ明るくしてるのもあって本人も明るくしたいと。
でも3ヶ月も染めなかったやつが明るくしてリタッチきになる前までに美容院来れんのか!
とか今まで散々ブリーチの危険性については話してきた結果
とりあえずグラデーション(ブリーチなし)で先の方を明るくする。ただし中間あたりも少し明るめに。

よくある派手で差のついたグラデーションってよりは本当に徐々に先に向けて明るくするってことで落ち着きました。

 

 

結果として先に言うと綺麗に染まりはしたがグラデーションにはならなかったという…
本人は綺麗に明るくなったので満足でしたが完全やられました・・・

今日はこれについてのお話。
うまくいかなかった理由と少し前にかなり話題になったアプリエを使って対処したことについて。

 

まずは

ベース作りのためのトーンアップの時点で異変が

妹の髪は細くてかなり微妙に癖があり量はそこそこある。
普通なら 明るくなりやすく、赤みも少ない よくある外人風をやりやすいタイプの髪だと思ってました。
そう。思ってたし彼女(美容師)もそういうんだから僕だけじゃなくみんなそう思うはず。

そんな妹の髪にまず根本1センチ外して中間に10レベルの薬オキシ6%1、5倍
先に行くにつれて14レベルオキシ6%2倍 を重ねながら塗布。(ちなみに安ーい薬剤のためリフト弱いため中間も1、5倍で行ってます)
ブリーチは痛みもきになるだろうし妹の髪なら14オキシ2倍で黄色く出るであろうという算段。
この時はまだトーンアップして8レベルか10レベルのアッシュ重ねて終わる予定でした。

塗って15分後テストすると
「あれ・・・毛先が・・10レベルもいかない。。。」
もうちょい待とうと25分を過ぎたあたりでチェックしても変わらず・・・
「やべー・・・」ってなって結果14の残ったお薬にブリーチパウダーをさらさらっと混ぜて再塗布。

10分を過ぎたあたりでリフトしてきたのでお流し。

そう。わかりますか?
この時点でグラデーションにならんかった。

結果根本〜中間あたりはコントロールできてるので11レベルほど(それでも思ったより赤みあったけど・・)
先も11位にしかリフトせず。しかもこちらは赤み全開

 

結果質問等しておそらくタンパク変性だろうと・・・
ようはアイロンやドライヤーを使いすぎてたりケア不足で髪に狙った施術をしにくい状態になってるわけです。
完全やられた・・・って感じでした。
妹は本格的にアイロン使い始めたのが学校行き始めた4月からだったので2ヶ月。
しかも巻かない日もあったし触った感じもそこまでダメージ感じなかったので大丈夫であろうと思ったら
全然ダメでした。
やはりアイロンによる変性の侵攻は早いみたいです。

おそらく11レベルに普通に8とか10のくすり塗るだけでは絶対明るさ満足しねーな・・・
とさ散った僕はここでグラデーションを捨てて

アプリエ13PAワンタッチ塗布

アプリエの謳い文句の1つに ダブルカラーしなくても1回のカラーでハイ透明感 みたいのあったと思うのですが
個人的に「トーンアップしながら色が入る」って力はどちらかというと弱めで単純に「13や15レベルでも濃くアッシュが乗る」イメージ。(もちろんアップしながら入りますがリフトした後にグッと色が入るため結果的にトーンアップ感が弱い風に見える)
なので10〜11レベルくらいのベースにアプリエ13PAをオキシ6%2倍。もちろんPCパウダー混ぜて塗布。
根本を気にしながら20分放置。

んで完成がこれ

 

 

 

綺麗にくすんでよかった・・・・
いい色に染まりました。

 

タンパク変性怖い

髪の触った感じやアイロンの使ってる量などのイメージにかかわらずケアの仕方やいろんな状況の中で起こるタンパク変性。
一度リフトしきっちゃってて変性してる子は薬も調合しやすいのですが、最近若い子やおとなし目のあまり明るくしてない子のカラーするときに中間から毛先がタンパク変性していて、根本10〜15センチほどが明るくなる
という悲劇に会っていて改めて気をつけなかればいけないなと思いました。

特に一度も染めたことのない子はもはやどこから変性がしてしまっているかの検討が全くつかないのでかなり難関です笑

今回はトーンアップだったので 毛先な明るくなりにくいところに対して1stカラーでアプロージ→オンカラー
で綺麗に染まりましたがワンプロセスだと綺麗にはむずかしいでしょうね・・・
数回に分けてじゃないとクオリティーの高いカラーにはならないと思います。

前回のカラーが8トーン位目安で染めたひとは数ヶ月後来店されて変性してない部分が異様な退色をして逆グラ&リタッチが伸びてる状態でのベースが多いです。(8レベル等暗い色だからこそその場でのムラは感じにくい。妹もアディクシーで結果暗かったので気付きにくかった。)
そおゆうこはリタッチの上がりやすさにもよりますが白髪染めのブラウン6レベルを3〜4%でリタッチと明るい部分をワンタッチで塗ってつなげるように塗布して対応しています。

初カラーで気づかないで10レベルとかに染めてたら・・・・恐ろしい。

 

やはりアイロンに対する熱ケアは大事だなと改めて思いました。
そしてタンパク変性の勉強にもなりました。

ってかアプリエ本当に明るさ保ちながら綺麗にくすむからオススメ。
僕はベースが10レベル以上の子に推奨して使ってますが調子良いです!
ただ根本は油断すると飛んでっちゃうから怖いですね笑

 

何かの参考になればと思い書きました。

手間のかかる妹です全く笑

 

 

 

嘘です感謝してます笑

img_6002