暖色系カラーにする時に気をつけたほうがいいこと。

img_1885-1

こんばんは。寝不足on寝不足の平井雄基です。

寝不足に寝不足が重なってます。

 

 

暖色系のカラーリングする時に気をつけた方がいいこ

ですね。

先に答えを言うと

いきなり明るい寒色系にできない

ですね。

特に髪が赤くなりやすい人。

髪が硬い人、太い人、オレンジっぽくなる人が当てはまりますね。
なんかこれ

「またまたー なんとかなるんでしょ?」

みたいなのってあると思うんですよ。
実際僕もなんとかなるんじゃねーかなー

とか思ってました。

そんなわけで
ドラマの髪型を再現 逃げるは恥だが役にたつ ガッキーボブ

以来の来店。

2ヶ月半後の来店。

二回連続でベリーピンク。

しかも

イゴラ
という赤の濃いカラー剤を使っているので絶好のモデル。

本人の希望は

「少し明るくしていきたい。しかも少しくすませながら。」

寒色系に振っていきながら明るくするってことですね。

 

基本的にカラーは

明るいカラー剤=色が薄い。
赤を打ち消す=濃い色が必要。

 

なので一回では中々難しいんですね。

基本なら

一回目で希望より少し明るいカラー剤で明るくしつつ赤を取り除く
明るくなったため二回目で希望の色目指して暗いカラーをつかえる=濃いカラーをつかえるため
明るめの寒色系にできる。

 

これをするのですが

退色がすこし気になりがちになるので

とりあえず今回はベースよりすこし明るいくらいのカラー剤のマット系とアッシュ系を混ぜ混ぜして塗布。

(まるでカットしたようですが全くカットしてません笑)

赤みなくならねーー!

なんとか茶色に近づいたかな?くらい笑
やはり暖色系を重ねると寒色へ戻すのが大変です。

特に明るくしながらは無理に近いので長い目を見ておこなっていきましょう。

 

ダブルカラーする場合は退色後のことまで念頭に置くことをお勧めします。
今回も来店ありがとう!!!

またよろしくね!

img_1885-1