美容師一年生だった頃の話

2010-11-20 19.47.27

こんばんは。油もん食べるとお腹が緩くなる平井雄基です。
歳の割にこうなるのが早すぎて焦ります。

 

さて今回のブログは自分が美容師の一年生だった頃の話ですね。
いつもお世話になってる美容師オンラインサロン サロカリ にて お題ブログ なるものをやろう!
とゆう話があがり書いた次第です。

2010-11-20 19.47.27

1年目の自分

気づけば約10年前。

そんなわけで今回は自分の中でいい意味で衝撃を受けて、今の自分自身のスタンスにも関わった話を書こうと思います。

美容師になった理由

僕が美容師になった大きな理由の一つが

人とお話しをしながら働きたいから

というのがありました。

そう。今考えればここが大きな間違いだったんですが…

 

最近の僕を知った方でも 平井はおしゃべりなやつ なんてイメージを持ってる方は多いはず。
と自負があるのですが、これでもそれはもう落ち着きました。
今は当時の半分くらいのテンションでしょう。

何が楽しかったのか当時の僕は今以上にうるさかったはずです。
うるさすぎて初対面の人のほとんどが「あいつ嫌い」と思われるくらい。

そんな僕に転機が訪れたのが一年目の夏でした。

お店のみんなで夏祭りに行った夜

最初のお店では店長の計らいもあって夏に愛知から1時間半くらいのところにある岐阜県郡上市にある徹夜祭 という夏祭りにスタッフ全員で参加していました。

当時はスタッフ4人、店長、旦那さん(店長が女性だったため)の6人だったため三列シートのワゴン車で向かってました。

ちなみに最初のお店では僕は圧倒的年下で、なおかつ男が一人。
一番近い先輩で5つ離れていて、入社した時で大人のお姉様方に囲まれながらの生活をしていました。

 

そんな中郡上の徹夜踊りに参加し、次の日も営業ってことで深夜1時頃には郡上を出て車の中にいました。
一番歳の近い先輩と共に僕はワゴン車の三列目に座っていました。

今思えば本当若さなんでしょうけどこの時点でも僕はまだまだ元気だったんですね。

 

先にも述べたように当時の僕はおしゃべりクソ野郎を超えておしゃべりだったのでその隣の先輩に喋りまくりました。
しかも友達の武勇伝という今考えれば本当その先輩からすればどおでもいいことを延々と。

そこでその先輩に言われました。

「いや、もぉ…寝ていい??」

そうそこで気づいたんです。美容師って話をするんじゃなくて

話を聞く仕事だったんだ!!

完全盲点でした。話をしてればいいんだって思ってたので。

 

今から美容師目指してるおしゃべりクソ野郎達。
これが美容師の真実だ。

その結果僕は話を聞くすべを身につけ、女子会に呼ばれるようになり。
そして友達以上の男女の関係を気づけなくなったのは言うまでもない。

美容師がチャラいと思ってるそこのキミ達。
これが美容師の真実だ。

 

そんな一年目の衝撃の出来事でした。

 

 

こんなことで衝撃受けるのはきっと僕だけでしょうが誰かの参考になればと思います。

2010-11-20 19.47.27