【GOODMUSIC】好きなものについて語ろう。kick the can crewのアルバムGOOD MUSIC

IMG_0136

こんばんは久しぶりにこの類の記事を書きます平井雄基です。

 

前回こちらの記事

【趣味について少し本気で語る】好きな音楽?→ラップ の平井が語るラップの良さがわかる少し細かい話

2017.09.17

こちらの記事にてかなり熱くラップについて語ったわけですが今回はその中でも好きなアーティストのKREVAが所属していたKick tha can crewのアルバムより ”GOOD MUSIC”について語ろうと思います。

キックのベストの後はこれだ!!捨て曲がないぞ!GOOD MUSIC

まずは動機から

なんでまたいきなりこのアルバムピンポイントなわけ??
って感じなんですが単純に先日少し長いドライブをしておりまして。

そんな中で不意に「あ、キック聞こ〜〜」なんてアーティスト一覧から選んでさらっとかけたのがこのGOOD MUSIC。

ドライブ中によく聞いてたアルバムとか聞くときに乗れない曲とかあんま聞いてない曲とかってさらっと流してしまう派なんですがこのアルバム1個も流さね〜〜!!まじ卍なんて思ったのでこりゃ記事かだなと思いマックのボタンを叩いているわけです。

簡単なオススメの理由

このアルバムグループとして休止する前 最後のアルバムなんですが、そのため非常に聴きやすい曲が多いです。

このころの出立てのラッパーのアルバムっていい意味でも悪い意味でもヒップホップ節全開で中には荒削りすぎて聞けないような曲があったりラップスキルが低くて乗りにくい曲失礼があったりするんですが
そこらへんのポップとヒップホップの絶妙な間を駆け抜けていくアルバムになっていますので
その構成がめちゃくちゃ聴きやすくおすすめです。

 

捨て曲がないためそれぞれ説明していくという暴挙に出ます笑

1 Opening

よくある少し短いオープニングの曲。
正直アルバムテーマに沿ってるとかはないのでコメントしづらいですが、とりあえずビジュアル重視っていうか。
1発目にふさわしいちょっと尖った感じの3人らしい曲でかっこいい感じになってます。

曲途中にある「ケンジ タカシ ユウシ」は3人の本名で曲中にちょいちょい出てくるの覚えとくとなんのこと言ってるのがわかったりします。

”Hip Hopを聞く豆知識”
そのラッパーのキャラクターや人となりを知っておくと曲の意味やイメージなどが伝わりやすかったりします。

ラップは自分自身の出来事や等身大のことをちょろっと混ぜた歌詞(リリック)が出るのでそお言うのも知るとより面白いです。
僕はもっぱらウィキペディアで調べてます笑

この曲に関してはKREVAパートが聴きどころかな。

2 性コンティニュー

ゴリゴリに尖った曲からいきなり結構ポップな曲です。
夏にぴったりなナンバー。

聴きやすく乗りやすく当たり障りないです。

3人とも安定してます。

3 パレード

ポップ路線は続きますがビート(後ろの音楽)とフロウ(リズムの乗り方)にそれぞれの個性が出る曲です。
なので聴きやすさは少し性コンティニューよりは劣りますが遊びのかかった曲なのでリリックに注意を置いて聞くと◎です。

最後のLITTLEが順番的に最後なんですが華麗にスキルフルに締めてくれます。

4 MISSION1

個人的にこのアルバムの聴きどころの1つ。このMISSIONってのが1、2、3と曲の間に挟まれていてそれぞれKREVA LITTLE MCU の順でソロで歌っています。

この3回の特徴はHip hop好きな人は基本かもしれませんがビートが全部同じでそれぞれのせ方が全然違います。

同じビートなのに歌い手が違うとこうも曲風が変わるのか・・・と実感する曲です。
それくらいラップの要素にフロー(のせ方)は大事ってのが伝わると思います。

しかもそれぞれに自分の特徴をしっかりアピールしてるので面白いですね。

5 脳内VACATION (Album Edit)

オススメ曲の1つ。
おやすみの始まりとかこれ聞くと個人的には上がります。
曲の内容的には「休暇があったらこれやりたいな〜」なんて妄想の曲です。(かなり大雑把)

始まりのKREVAの「休暇っつうかVACA TIONイイーネイイーネ」からのパートはかなりグルーブ(雰囲気)、韻、フロウのバランスが完璧でかなりいいと思います。
こんなストーリーがっちり感じるのに韻もバッチリ踏めて、無理もないラップができるのがクレさんの最大の武器で受けてるとこだと思います。

ラップで情景がしっかり想像できる曲ってのはかなり出来のいい曲って誰かが言ってたのですがそんな曲の1つかなと思います。

 

ただこんだけHip Hop要素を含んだ曲のため普通の人には飽きやすい(単調?)な曲かもしれません。
要素を踏まえて聞いていただけるといいと思います!

6 ALL NIGHT LONG

これは聴きやすいんじゃないかな?
テンポがあってサビもノリノリな感じでつい縦ノリしたくなる曲です。

ただストーリー性はあまりある曲ではないですね笑
クラブの情景を描いた曲って感じ。

強いて言うならLITTLE KREVAのラインがバチって当てはまっててかっちょええです。
MCUも悪くない。
悪くないが彼の得意なフィールドではない感じです。

「知らねぇさんぴん 指くわてるだけ〜」って言う歌詞がありますがこれはHip Hop伝説のフェスみたいのがあったのですが、当時彼らはまだ若くて参加してないんですが、
おそらく「そんなんでなくてものし上がったるわ〜」ってのを挑発的に書いた部分だと思われます。

7 裏表

これは・・・正直ラップ好きじゃない人は聴きにくいってか良さが伝わりにくい曲ですね笑

KREVAのバース(順番)がかっこいいです。
他二人も悪くないけどKREVAが抜きん出てるイメージ。

トラックが単調なので、それだけに個々のフローの良さが伝わりやすい曲になってます。

ただ・・・なんの話してるかはよくわかりません笑

この曲はスルメで何回か聞いてるうちにクセになり今では結構好きな曲になりました。

8 揺れ

バラードラップ。

トラックがすでに 揺れ の空気感を醸し出してるし、それぞれもリリック フロウともにバランスが良く聞いてて心地のいい曲になってます。

揺れという1つのテーマにいろんなアプローチがあるのも面白いですね。

聴きやすくポップな仕上がりだと思います。

これを聞くとMCUの良さが出てると思ってて、彼の土俵は尖ってるような曲ではなくこの曲のようなまーるい曲で力を発揮すると思ってます。

9 MISSON 2

LITTLEの番ですね。彼は早口・・・とは言いませんが、どちらかといと小節の間に歌詞を詰め込んで言葉数で責めつつ的確に韻をふむスタイルってのが現れている1曲。

10 自由TIME

この曲も癖がある曲。
なんせビートに声入ってるし笑

ただこの曲は何せLITTLE!!!
彼のバースの韻!是非歌詞を検索してみてください。これが韻をふむってことやでって教えてくれます。
ケツ抑えて頭抱えてるだけじゃダメってことです(歌詞の頭や最後の部分だけの母音を合わせるだけで満足して利用じゃじゃまだまだ甘ちゃんってことです。)

あとはMCU。イカ・・・
なんかふざけた曲なんですがそれぞれリリックがスキルフルな曲になってます。

11 ナビ

ミディアムチューンの曲。
これも曲名のテーマに沿ってそれぞれがそれぞれのリリックを綴ってますね。

このような単調なトラックのい曲の時にKREVAは少し外してくるところとか彼のスタイルが出てますね。
逆にクセもなくトゲもない曲。

12LIKE THIS(GOOD!)

スンマセン!!

飛ばす曲発見笑
これはトラックのみの曲です。
箸休みですね。

おそらくですがDJのスキル披露タイムだったりするのかな?
スクラッチとかフィルインとか・・・・

13 GOOD MUSIC

アルバムタイトルの曲ですね。
バラードです。

サビのグルーブ感が切ない感じを醸し出してていいですね。

最後のLITTLEのバースが全部かっさらいます笑

グルーブ リリック フロウ。完璧です。
さらに歌い出し「女神からの手紙」ってところが個人的には引き込まれる理由だったりするのかなと。

さらに限られた自分の小節内でフロウののせ方が変化しまくるのでまじスキルフルなバースです。

14 MISSON 3

MCU〜〜〜〜
彼はもはや早口笑
早口を小節ないに入れたりして変化をつけるラップが多いのでその特徴が出てます。
ただ僕は早口じゃない時が好きよ笑

15パンク寸前のFUNK

久しぶりのアップテンポの曲。

これはノリやすく聴きやすくいいですね。
縦ノリしちゃう系です。

ここまで見てきてなんとなくお気づきかもしれませんがKREVAとLITTLEって曲によってですが似てる部分・・・ってかいい部分?が似てたりするんですが、MCUだけちょっと毛色が違います。

それがいい感じで効果を出している曲。
ほんといい味付けをしてくれます。
全員かっこいい曲です。

16 もしも

これは8曲目の 揺れ と同じでタイトルに対してそれぞれ違うアプローチをしてる曲です。

それぞれの もしも〇〇だったりをリリックに綴られています。バラードですね。

この曲の聴きどころはラストのKREVA。

まずリリックが情景が出てて素晴らしく韻ももちろん硬い。

さらに途中に「言っちゃえ気持ち晴れるまでー」っていうフレーズがありますが
これは前のアルバムの中の1曲に ストレス って曲があるのですがその中の1フレーズをサンプリングしてフィルインしています。(ようはそのワンフレーズを録音して隙間に当て込む)
というHip Hopの技が組み込まれていたり、途中から「もしも、もしも〜でも如何にもこうにも〜」のあたりからフロウを変えたりととりあえずスキルフルなバースになっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

1曲1曲の僕なりのおすすめポイントをまとめて書いてみました。

なのでHip Hop 初心者は
性コンテニュー、ALL NIGHT LONG、揺れ、パンク寸前のFUNK あたりを箸休めに聴きながら他の曲の良いところを復習しながら聴きこむと他のラップの曲を聴くときのポイントもわかってきてより楽しむことができるようになると思います!

Kickは休止前にベストを出したのでそれを借りて終わってる人が多いかもしれませんがそれはもったいない!!!

絶対この GOOD  MUSICは聞くべきですので是非聞いてみてください!

IMG_0136