初めてのヘアカラーで『ベージュ』にする場合

IMG_2243 2

こんばんは。食べ物で元気を回復させます平井雄基です。
+湯船で最高です。

 

 

3月も始まり美容院は繁忙期を迎えますね。
何せこの時期多いのは

初カラーをする高校生

のお客様が多いんじゃないでしょうか?

そんな中でも結構多いオーダーがベージュだと思います。

ベージュって黄色味で明るさをある程度明るくしてあげないと
存在しない色だと思ってます。(僕の解釈だと)

中途半端な明るさだと茶色にしかならなくて
茶色になに乗せても黄色は出ないと思っているので。
茶色がくすんでもアッシュブラウンだしね。

そんなわけで今回は

初めてのカラーでベージュにしたい場合

今回そんな女の子が来たので染まり上がりを写真撮らせてもらいました。

 

IMG_2243 2 IMG_2244

 

いい感じにベージュっぽくなったのではないでしょうか?
ちなみにバージン毛(なにもしてない髪の毛)でした。

まずはじめに言うと

うちのカラー剤はしょぼいです笑
本当に今時いろんな高性能な色が濃いカラーが出てる中
薄いです笑
別にダメージがすごいとかそんなわけではないのですが・・・
他のサロンと比べると出せる色味の幅が狭いかもしれません。
それでもこんな感じにできます。

 

そんな前気は置いといて今回どんなカラーをチョイスしたか。

マット系10:アッシュ系8レベル:ブルー を1:1:10%

なんでベージュ系なのにベージュの薬を使わないか。

ベージュで黄色くなるって思えないからです笑

ベージュって僕のイメージ アッシュよりくすみが弱い色

ってイメージなんですよね。
だから黒髮に使っても 黄色 ってなるイメージがあんまりしなくて・・・(特にトーンが低いベージュは)

そこでマット。
マットは緑色です。

緑は絵の具でいうと黄色×青でできます。

そう。

薄い緑って黄緑ですよね?
黄 緑ですよね?

 

その緑感を薄める意味合いでアッシュをマットより濃いめのを入れて
緑感を弱めてあげるイメージで染めました。

だからよーくよーく見ると緑感あります笑

本当は赤みがあるからーとか色相環の関係上とかそんな意味合いもあるんですが
お客様目線で書けばこんなイメージで染めてます。

 

これなら黒髪から1発でもベージュっぽい色が出ます。

よかった初めてのカラーの参考にしてください。

 

IMG_2243 2