髪を伸ばすのに大切なこと

img_1498-1

こんばんは。カウンセリングが長引く事がしばしば平井雄基です。

髪を伸ばすのに大切なこと

なんてものは色々あるんですがその中の一つを今回は。

もしあなたが今髪を伸ばしているのなら

引くことを考える

です。
どゆこと?

っていうと大きく分けて二つあって

美容院での施術を引く

っていうことか

自宅でのダメージの原因となるものを引く

ですね。
まず 美容院での施術を引く

メニューをあれこれやらない、スタイルを頻繁に変えないことです。
普通の染めを月に一回やるくらいならいいのですが

シーズンごとに色を極端に明るくしたり暗くしたりすることやブリーチを使ったカラーはさける。
もう髪にブリーチがあるのならそこがある程度切られるまでロングヘアはあきらめましょう。

ストレートともサイクルを守って正しくおこなう。

一回かけた毛先は何度もかけない。

パーマはできるだけさける。

伸びてからかける(肩で跳ねる長さを乗り切るためかけるのはありっちゃあり。しかし要相談)

などなどとにかくあれこれならないにこしたことはないです。

結局どこかのタイミングで毛先が限界きて着ることになったり

切らないと枝毛だらけで汚いロングになります。
あなたがなりたいのは汚いロングヘアですか?

汚いロングヘアはただの汚い人になりかねませんよ。

自宅での痛む原因を引くは簡単。

大概がアイロンによるダメージがほとんどなのでやめる。

やるならしっかりダメージケアをしましょう。

大概の方がドライヤーで頑張ればどうにかなるクセを面倒だからとアイロンで抑えつけます。

しかも手間だから高温で一発で。
文字に起こすとわかるのになぜかみなさん目を背けけてやりながら平気で

「痛むよねー。でも伸ばしたい」

っていいます。

どちらもとることは無理なのです。

自宅でのアイロンをする場合は熱対策を確実に行いましょう。

2000円もあればトリートメント買えます。

だいたい3カ月使えます。

1カ月約650円です。

これもケチるような人は100%ロングヘア向いてません。
手間、お金をある程度かけることによって

キレイに伸びてキレイなロングヘアが楽しめます。

伸びた後が大切なんじゃなくて伸びるまででキレイなロングヘアは決まります。
切るのにも覚悟はいりますが伸ばすのにも覚悟がいります。
髪が伸びん伸びんと思ってる人は上記のことを怠ってないでしょうか?

手間を惜しんでないでしょうか?

お金を渋ってないでしょうか?

そのわりにあれこれやってはないでしょうか?
髪は痛んだら取り返しつきませんよ。

img_1498-1