すぐ 根元のカラーがきになる そんな方は

img_0466-1

こんばんは。最近の朝は暖かいココアから始まる平井雄基です。

お腹温めるとう◯ちがよくでますよ。以外と冷えてる人多いらしーです。

そんな汚い始まりですが…

根元すぐ伸びるのよ!!

なんて方多いと思います。

特に前髪がなくて、真ん中とかで パチッ と分かれてるスタイルなんかは、1ヶ月1センチしか伸びてなくても

分け目の左右が1センチずつ伸びるので2センチ分になるのですごい伸びた感じがすると思います。
そんな時は前髪作るのオススメします。

とくに普通のカラーならまだしも白髪の場合は特に気になる方多いので余計ですね。

しかも!白髪の方でさらにトップの高さが出ないと気になる方は前髪つくると、ふんわりスタイルもつくりやすかったりします。

是非相談ください。
普通のカラーの場合気になるパターンとしては

元々の色が明るいと気になりやすくなります。

根元が黒くて先が明るければ目立つのは当たり前ですね。
そんな中よくあるのが

どれくらいのトーンで染めると根元が気にならなくなりますか?

です。
正直に言うとこれ間違いです。
間違いっていうと バツ って感じですが サンカク って感じですかね。(文字にするとわかりにくい)
ポイントは 退色 ですね。

結局その場で染めた時に、いくら暗くしても普通のカラーの場合色落ちします。

その期間が大体1ヶ月〜1ヶ月半です。

それと同時に根元が伸びますね。
…わかりました?

その場でのカラーの色がどうこうよりも、

ベースの髪が退色しても明るくくなりにくい髪にしていく

これが大切です。

ではどうしていくか。

大体の方は茶色が濃く入った染料(いわゆる白髪染め)で何回も染める

このパターンでいきます。

白髪染めって真っ黒になるイメージが多いですが、美容院のカラーに限ってはそんなことありません。

普通に8レベルといういわゆる 茶髪 に染め上げることのできるものもあります。(その場合白髪が多い人は白が綺麗に染まらない)

そのようなもので1ヶ月スパンで染めていくとだんだん退色しても明るい髪になりにくくなります。

そして大体8レベルのベースになれば

  1. 退色も明るい時より早くない
  2. 黄色味が出にくくなるので退色しても綺麗
  3. カラー自体のダメージが少ない

とカラーのスパンをなるべく伸ばすのには最適かなと思います。

前回のとりあえず流行りにはのせるよね

この状態。

これが大体8レベルくらいなので思ったより暗くもないのかな…と。
カラーにはそんなパターンもありますので

そんな頻繁にカラーにこれない!!

なんて方は検討してみてください。

img_0466-1